バイアグラソフトは15分から30分

EDチェック 

バイアグラソフトとは

 

バイアグラソフト

バイアグラソフトとは薄いタブ錠になったバイアグラで、バイアグラ・ソフトタブとも言われます。
バイアグラ4フレーバーのように水なしでも服用できるため、いつでもどこでも手軽に服用することが出来ます。

 

一番の特徴は、通常のバイアグラが有効成分のクエン酸シルデナフィルが胃で吸収されるのに対して、バイアグラソフトは口の粘膜から吸収されることです。そのため、他の経口剤のバイアグラに比べて効き目が現れるのが早く、15分ほどで多くの人が効き目を実感できます。

 

バイアグラソフトの効果

バイアグラソフト
バイアグラソフトは、通常のバイアグラと同じく最大5時間ほど効果が持続します。そのため、バイアグラを飲んだ事がある人は同じように使用すればよいです。
しかし、一番の違いは効果の即効性で、錠剤のバイアグラの効果が現れるのに30分ほどかかるのに対して、15分ほどで効果がある人がほとんどで、「早く効いて欲しいのに、まだ効いてこない。」とあせることが少なくなります。
また、直接口の粘膜から有効成分のクエン酸シルデナフィルが吸収されるため、胃で吸収されるよりも吸収率が高くなります。すなわち、同じ効果を望むならば経口剤よりも少ない量で済み、経口剤と同じ量ならばより強い効果が期待できるのです。
ですので、バイアグラ100r錠とバイアグラソフト100r錠ならば、バイアグラソフト100r錠のほうがより効きやすいといえます。
「ソフト」と言う言葉から、効き目が弱いと勘違いをしそうですが、実際には逆になります。

 

バイアグラソフトの飲み方

バイアグラソフト
バイアグラソフトは通常のバイアグラとは違い、口の中で溶かして服用します。
口の中の粘膜から薬の成分を吸収させるのに、ゆっくりと溶かす必要があるため、舌の下にタブレットを含むようにします。
もし可能であるならば、すべて溶けきった後に、水を一杯でも飲むようにすると、血流が良くなるため効果が上がります。

 

どんな種類のバイアグラでも一度服用すると、24時間以上あいだを空けないといけないのですが、特にバイアグラソフトは吸収が良いため効果が持続しやすいので、必ず用法や用量を守りましょう。

 

「錠剤のバイアグラが飲みにくいけれども、バイアグラ4フレーバーのようなフルーツの香りが苦手。それにもっとバイアグラの効果を実感したい。」と言う人には、バイアグラソフトが一番のお勧めです。

 

バイアグラソフトの持続時間は?

バイアグラソフト
バイアグラソフトは、インドの製薬会社、AUROCHEM社のジェネリック医薬品の一つですが、従来のバイアグラと違い、キャンディー状になっていて、飲み込まずに口の中で溶かして使用するタイプです。
これにより口の中の粘膜から血管に、よりダイレクトに薬効成分を取り込むことができるので、即効性があるのが大きなメリットです。

 

服用してから30分くらいで効果が現れ、早い人では、15分という短時間で効果を実感することも出来るようです。
しかも、服用する量も少なくて済みます。
体内での残留時間も長くなることから、最大で5時間くらい効果が持続します。

 

バイアグラソフトは舌下に挟んで溶かしますが、溶けた後、コップ一杯の水を飲むとより循環が良くなり、さらに効果的となります。
血流が良くなることから、体質改善の効果もあるようです。

 

通常のバイアグラ同様、飲酒後や食後の服用はできるだけ避け、油っぽいものやコレステロールの高いものと一緒に使用することも避けるようにします。
また、アルコールとの併用も避けたほうが良いでしょう。
服用は、食後最低1時間、できれば2時間くらい空けてからにします。

 

これもバイアグラ同様、心臓病の薬や高血圧の薬との併用は避け、また体質によっても服用できない場合があるので、医師のアドバイスを得ながら用法・用量を守って服用しなければいけません。
副作用についても同様です。

 

バイアグラソフトタブの摂取方法は、舌下に挟み、ゆっくりと溶かします。
水は必要ありませんが、バイアグラソフトタブが溶けた後、水を飲むとより効果が現れやすいみたいです。
服用してから30〜90分くらいで効果が現れはじめます。

 

バイアグラソフトタブには50mgと100mgがありますが、50mgだと効き目が低いのでは?という疑問もあるようですが、そんなことはないみたいです。バイアグラソフトは吸収性が高いこともあり、むしろ日本人の場合50mgで十分のようです。
100mgを購入して半分にカットして服用してもよいですね。

EDの原因について

ソフトタブ
EDの原因には、心理的なものと、身体的なものがあると言われています。

 

例えば、パートナーからの性に関する言葉に敏感に反応してしまい、それが要因になる事を現実心因といいます。

 

これは、カウンセリングなどで治ることが多いようです。

 

また、日常生活を送る上で、特にストレスを感じていない場合も性的トラウマや、幼児期の体験などの過去の出来事によって症状がでる、深層心因と言うものもあり、これは無意識のうちに感じていることなので、治療が難しいとされています。

 

加齢による、糖尿病や高血圧などの生活習慣病もEDの原因と考えられており、これによってペニス内の血管や神経に影響を及ぼしていることが要因だと考えられています。

 

他には、神経の障害が元で勃起障害になることもあり、脳から送られる性的興奮の信号を、陰茎に届く前にどこかで途絶えてしまうことで症状が出てしまうようです。

 

また、直腸ガンの摘出や前立腺や膀胱ガンなどの手術もEDの原因になりえると言われており、手術の際に、ペニスの海綿体の神経や血管にに傷が入ってしまうことが、要因だといわれています。

 

大抵の場合、現在ではバイアグラソフトなどのED治療薬で、症状の緩和、治癒が見込めるようになっています。

 

一人で悩むのではなく、医療機関などで相談をしてみてはどうでしょうか。