バイアグラジェネリックは正規品と同成分・同効果

EDチェック 

バイアグラジェネリックは同効果

 

バイアグラジェネリック 

 

バイアグラは男性の勃起不全に効果があることから人気ですが、価格が高いことから、なかなか購入できない、という人も多いようです。
最近は、バイアグラジェネリックもいくつのかの種類が市場に出回るようになっています。
バイアグラジェネリックの一番のメリットは、やはり価格が安いことでしょう。

 

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れたもののことです。
最初に開発、発売された新薬(先発品)には特許があり、特許の期間中は他のメーカーが同じ成分で同じ効き目の薬品を製造することはできないことになっています。

 

特許期間が過ぎれば、他の医薬品メーカーも同じ成分で同じ効果の製品を製造、販売できるようになります。
これがジェネリック医薬品で、バイアグラにも、ジェネリックがあるのです。

 

ジェネリック医薬品の場合、開発・試験のためのコストがかからないことから、先発品に比べても40%〜80%くらい低価格で処方できるのです。
2014年以降は、日本での特許も切れるため、日本の各製薬メーカーによる、低価格のバイアグラジェネリックがいくつか市場に出てくるものと見られています。

 

それでも、もう既にバイアグラジェネリックが売られているのでは、と思うかもしれませんね。
これは、インドの場合、医薬品に対する特許がなかったため、合法的に製造・販売することが出来たことがあります。

 

既に日本で、国内でネット販売されているバイアグラジェネリックは、すべてインドで作られたものであります。
カマグラ100mgや即効性に優れたゼリー状のED治療薬が、それに上げられます。
効果は正規のバイアグラと変わらない、同成分、同効果であうが、それでもバイアグラ同様、医師のアドバイスを得て慎重に使用したほうが良いでしょう。

 

また、こうしたインド製以外のバイアグラジェネリックなどの医薬品でも、いろいろと質の悪い偽物などが出回っているようです。
もともとジェネリック医薬品は価格が安いことから、値段の安さで購入してしまう恐れもあるので、やはりちゃんとしたバイアグラジェネリックを購入することをお勧めします。

 

★バイアグラジェネリックの成分★
バイアグラはファイザーから販売されている、ED治療薬です。
しかし、バイアグラジェネリックというED治療薬も、多数の製薬会社から販売されています。
ジェネリック医薬品とは、特許が切れた薬を他の製薬会社が製造販売したもので、日本語では後発医薬品といわれています。
つまり、バイアグラジェネリックは、バイアグラの特許が切れたために他の製薬会社が販売しているバイアグラなのです。

 

電化製品や衣料品などではひとつヒット商品が出ると、同じような商品がすぐに出ます。ここ数年の例では、保温性に優れた肌着や自走する掃除機などが、顕著な事例です。
しかし、こういった類似品には粗悪品も多く、「やはりオリジナルの商品のほうが、値段が高くても品質が良い。」といった意見が多く見られます。
では、ファイザー製のバイアグラとバイアグラジェネリックにも、品質や成分などに何か違いがあるのでしょうか?
答えを先に言うと、基本的には品質などに差はありません。これには、電化製品など他の商品とは違う、医薬品という特殊性が関係しています。
医薬品は販売されるまでに、国の審査を受けて、有効性や安全性を確認の上、許可を受けます。
これはジェネリック医薬品にも同じことが言え、先に販売されている薬の安全性が確認されていても、審査・許可を受けなければいけないからです。
安全性や有効性が認められているからこそ、医療機関においてジェネリック医薬品の処方が増えており、アメリカなどではジェネリック医薬品の普及率が60〜70%にもいたっています。

 

バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルで、バイアグラジェネリックにもクエン酸シルデナフィルが含まれています。
クエン酸シルデナフィルは、多くの薬と同じように化学的に製造されています。そのため、自然食品のような成分にばらつきがありません。
つまり、バイアグラジェネリック100r錠ならば、バイアグラ100r錠と同じくクエン酸シルデナフィルを100r含んでおり、まったく同じ働きをするのです。
ジェネリック医薬品はオリジナルよりも安価であることが多く、アメリカではバイアグラは15〜20ドルであるのに対して、バイアグラジェネリックは10ドルほどです。
コストパフォーマンスを重視するのならば、成分や効き目が同じで安価であるバイアグラジェネリックを選ぶほうがお得です。

 

バイアグラジェネリックの安全性

 

バイアグラジェネリック

 

ジェネリックというと、日本ではジェネリック医薬品のことを言うことが多いです。ジェネリック医薬品とは、主に特許の切れた薬を他の会社が作り安価に販売している後発医薬品のことを指します。
実際にはジェネリックは「一般的な」という意味で、医薬品だけでなく「ジェネリック家具」「ジェネリック電化製品」などもあり、ノーブランド商品といった意味合いが強いです。
家具や電化製品・衣料品などでは一社が特徴のあるものを販売すると、同じような商品が次々に販売されます。しかし、品質に差があり「やっぱりオリジナルの商品のほうが、値段が高いけど品質がいい。」という人が多くいます。

 

バイアグラジェネリックも、これらと同じように品質や安全性にばらつきがあるかというとそうではありません。
なぜならば、バイアグラジェネリックは医薬品であるために、製造する国の医薬基準で審査・販売許可を受けなければいけません。その際にバイアグラと同じ有効成分のクエン酸シルデナフィルが同量含まれており、同等の効果があることが認められなければいけません。もちろん安全性もチェックされるため、用法用量を守って使用する分には十分な安全性を確保されています。

 

しかし、ファイザー製のバイアグラを使っていて副作用がなかったのに、バイアグラジェネリックに変えたとたんに副作用などが出た場合は注意が必要です。
服用したときの体調がたまたま悪かったことも考えられますが、有効成分のクエン酸シルデナフィル以外の成分が合わなかったということもあります。
薬というのは、有効成分だけで出来ているのではなく、コーティング剤や着色料、場合によっては胃薬や消炎剤などが含まれています。
これらは薬の見栄えを良くするだけでなく、長期保存を可能にしたり、薬の消化を助けたり、場合によっては有効成分で胃が荒れるのを防いだりする役目があります。
有名な頭痛薬のキャッチフレーズに「薬の半分は優しさでできています」とありますが、消炎剤だけだと胃が荒れるために、緩衝制酸剤という胃の粘膜を守る成分を配合しているからです。
そのため、ジェネリック医薬品だと、有効成分以外の成分はオリジナルと少し違うこともあり、それらが体に合わないということがごく稀にですがあります。
バイアグラジェネリックでも、各販売会社で微妙に有効成分以外の成分が違うため、起こる可能性があります。

バイアグラジェネリックへの期待

ED薬

 

日本では、高齢社会になってきていますし、現代社会ならではのストレスの多い社会であるために、これまで見られなかったようないろいろな病気が多くなってきています。
こうした病気の一つに、男性の勃起不全いわゆるEDといわれるものがあります。

 

この病気には、原因としてはさまざまなものがりますが、大きく分類しますと、何らかの病気が要因になる病原性のものと、精神的なものが要因となる心因性のものがあります。
このうち病原性のものは、生活習慣病に起因するものも多く含まれますので、規則正しい生活というものが必要になります。
特に、喫煙や飲酒や食生活というものは、自分自身でコントロール可能なものですから、気を付ける必要があります。

 

次に、心因性のものというのは、性に対する知識の不足や、生活環境によるものなども含まれますので、こちらもある程度は自分自身でコントロールすることができるのです。
しかし、EDというのは、こうした自分自身でコントロールできるものばかりではありませんので、そうしたときの医療的な対処法として、バイアグラジェネリックなどを用いた治療方法があります。

 

アメリカで生まれたED薬は、勃起不全に悩む男性が多かったことが結果的にわかるように、劇的に広がりを見せて、世界中で話題になって行ったのです。
このバイアグラという薬の効果は、まず勃起を抑制する酵素の働きを抑制しまして、反対に勃起のためのエネルギーを蓄積させる効果があるので、治療薬としては画期的なものとして、日本でも急速に広がりを見せました。

 

しかし、ここで問題となったのは、その使用方法と価格でした。
まず、このバイアグラは日本では医師の処方によってのみ入手することしかできませんので、インターネットなどを利用した個人輸入で入手する人が増えまして、結果として間違った服用方法を行うことになって、その副作用でさまざまな問題が発生するようになりました。

 

次に、ED薬というのは健康保険の適用外ですので、自費であるために費用が高くなるために、いっそう個人輸入で安く手に入れようとする人が多くなっています。
こうしことから、日本でもバイアグラジェネリックの誕生に期待が高まることになっているのです。

日本でのバイアグラジェネリック

米ファイザー

 

バイアグラは米ファイザーにより開発された勃起不全(ED)治療薬です。
性行為の30分程前に服用すると陰茎の勃起が促進され、正常な性行為が可能となります。
ただし、性的な刺激なしに勃起が誘発されることはありません。

 

バイアグラの登場後、シアリス、レビトラといった、作用発現までの時間や持続時間の異なる同種の医薬品も開発され、ED患者の治療選択の幅は広がり、QOLの著しい向上が達成されています。
有効成分であるクエン酸シルデナフィルは、当初、狭心症治療薬としての開発が進められていましたが、臨床試験第1相において、新たに陰茎の勃起促進作用が見いだされ、ED治療薬としての開発がすすめられました。
米国での販売は1998年に開始され、日本国内では1999年に製造承認、販売が開始されました。
米国と日本のドラッグラグが1年程度と非常に短かかった背景として、当初、個人輸入による、誤用とそれにともなう健康被害が懸念されたことがあります。

 

現在では、保険適用外ではあるものの、日本国内の医療機関において、医師の診断と観察の下、適正使用がなされているケースが大半となっています。医療機関で購入する場合は1錠あたり1500円程度で、他の保険適用の医薬品と比較すると、患者負担は大きいとされています。
その一方で、ED治療薬という性質上、病院や薬局で処方されることに恥ずかしさや抵抗を感じる患者も多く、依然として、一部個人輸入代行業者による販売もおこなわれています。

 

正規品や、バイアグラジェネリック薬品の日本への輸入に関しては、個人的な使用のためであれば知的財産法上は問題はありません。
ただし転売する場合は、知的財産法及び薬事法の取り締まり対象となるため注意が必要でしょう。
三大ED治療薬のシアリスやレビトラうち最も早く開発されたバイアグラについては、日本においても特許が満了になれば、現在の市場規模と薬価を考慮すると、多くのジェネリックメーカーが参入することが予想されているため、今後、より安価な後発品が開発される可能性は高いです。