EDかな?と思ったら

悩める男性関連情報と各種治療薬通販サイトの紹介

ED通販サイト 
1.MED-ZONE

 

2.サプリマート

 

3.Medshop

 

EDかな?って思ったら...簡単メディカルチェックをしてみよう
ED薬を処方してくれる病院を探してみよう
EDチェックをしてみよう

 

Google

年齢に関係なく若い人でも起こるED.その原因は何か?
EDの原因を解消すれば、薬を使用しなくても良いかもしれません。
矢印 
EDの解説 

性病についてのお悩み解決サイト
性病が心配な方へ。性病(性感染症)の総合情報サイト。エイズ/HIV・クラミジア等についてわかりやすく解説。症状・病名・行為から各病気について検索できます。http://www.std-lab.jp/

 

日本人の肥満|厚生労働省
日本人の肥満について紹介しています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/himan/number.html

 

包茎とは何か画像で確認する
包茎手術のことなら上野クリニックへ!こちらは『画像で見る自分の包茎タイプ』のページです。
包茎手術について詳しく知りたい方におすすめのコンテンツです。
http://www.ueno.co.jp/phimotic/picture/

 

セックスレスの原因と解消方法
セックスレスの原因と解消方法を紹介いたします。
http://xn--pckuaaf4b1ri394a94l8pb830m.com/

バイアグラとは?

ファイザー
日本で始めてED治療薬として、1999年に許認可された医薬品です。
今ではED治療薬は数種類販売されていますが、ED治療薬の代名詞ともいえるバイアグラは抜群の知名度を誇り、他の薬の名前は知らなくてもこのの名前だけは知っている人も少なくありません。
当初は狭心症の治療薬として、研究・開発されていたのですが、勃起不全に効果があることがわかり、ED治療薬として1998年にアメリカで発売されました。
健康食品やサプリメントと違い、効果が認められた医薬品であったため、発売当初は大きな話題となり、日本でも個人輸入という形で入手することが出来ました。
ただ、日本では許認可されていない薬であったことから、1錠が5,000円や10,000円といった法外な値段で販売されたり、偽物も多く出回りました。
また、知識不足から高齢者や循環器系患者が使用して死亡する事例が見られたため、日本では異例の速さで日本での許認可が降り、販売されることになりました。
日本では処方箋医薬品に分類されるため、入手する方法は病院で診察を受けて処方してもらうか、個人使用として海外から輸入するかの二通りしかありません。

 

バイアグラの成分

有効成分は、シルデナフィルです。シルデナフィルはクエン酸塩の一種で、水にやや溶けにくくアルコールに溶けにくい性質があります。また、クエン酸類であるため、かすかな酸味と強い苦味があります。
薬の表面には青いコーティングがされていますが、シルデナフィル自体は白色ですので、錠剤を割ってみると中身は白色です。
シルデナフィルは勃起時に、勃起を阻害する(ペニスを萎えさせる)体内で生成される成分の働きをブロックします。そして、血管を拡張させ血流を良くする作用もあるため、結果として勃起を助け継続させます。

 

バイアグラの効果

服用後、早い人ならば15分、通常ならば30分程度で効果が現れ始め、1時間前後にもっとも効果が発揮されますが、効果の持続時間は4時間ほどです。
今現在販売されているED治療薬の中では、持続時間が一番短いのですが、勃起力は強いため、「他のED薬よりも、ペニスがガチガチに固くなる。」と言う意見が多いです。
持続時間も短いといっても4時間もあるため、通常のセックスならば十分といえますので、ペニスの固さを重視する人には人気があります。
しかし、食事や飲酒によって効果が左右されます。脂っこい食事や過度の飲酒は、効果が薄れてしまうため、効果を最大に感じたいのであれば、空腹時の服用をお勧めします。

 

バイアグラの副作用

優れた効果があるED治療薬ですが、人によっては副作用が出ることがあります。
一番多いのが、顔のほてりや頭痛です。これらは、シルデナフィルが血管を拡張させることが原因です。血流がよくなることにより、鼻の粘膜が刺激されるため、鼻水や鼻づまりを感じる人もいます。
他にも動悸を感じたり、血圧の低下、逆に血圧の上昇が起きる場合があります。
また、一過性の視覚障害を生じる人がおり、光がまぶしく感じる・青いサングラスを掛けているように見える・青色と緑色の区別がつかないなどの症状があります。
ほとんどが、薬の効果が薄れてくる2〜3時間ほどで治まっていきますが、気になる場合にはバイアグラと併用できる頭痛薬などもあります。
わずかですが、勃起が4時間たっても治まらないという事例もあります。

 

EDの原因

一口にED(勃起不全)と言っても、原因はさまざまであり、徐々に勃起力が弱くなっていくこともあれば、ある日突然たたなくなることもあります。
原因には大きく分けて、心因性勃起障害・器質性勃起障害・薬剤性勃起障害・混合性勃起障害の4つがあります。

心因性勃起障害

身体には病気や障害がないが、ストレスなどの心因的な要因で起こる勃起障害です。
会社のストレスや、妊娠に対する恐怖、反対に妊娠しないことによる焦燥感など、原因はさまざまです。まれに、幼児期の体験から性に対して嫌悪感を抱き、勃起できないこともあります。
徐々に勃起が弱まることもありますが、ある日突然勃起しなくなることも珍しくありません。

器質性勃起障害

病気や怪我などによる、陰茎や勃起に関わる器官の機能障害や損傷が原因の勃起障害です。
交通事故などによる脊髄や陰茎の損傷などでは、いきなり勃起不全になることが多いのですが、糖尿病などでは病気の進行と比例して、勃起不全の症状も進行する事が多いです。
加齢による勃起障害も、こちらに入ります。

薬剤性勃起障害

薬の作用、もしくは副作用により起こる勃起障害です。
勃起に必要な男性ホルモンや血流が薬により抑制されて起こる勃起不全で、薬の投与を止めると改善するが、稀に勃起不全の症状が継続することがある。

混合性勃起障害

上記3つの勃起障害が2つ以上混合して起きる勃起障害です。多くは心因性勃起障害と器質性勃起障害の混合型です。

 

EDを克服する方法

EDの原因には色々あるのはわかっていただけたと思いますが、出来れば勃起するようになりたいと思う男性は多いと思います。
心因性勃起障害は、EDの元となったストレスやプレッシャーなどを取り除くと改善するのですが、実際には簡単にはいきません。特に子供が欲しいのに勃たないなど、一見矛盾した悩みなどは、本人が一番理解できない悩みかもしれません。
こういった場合、身体的には問題がないため、一度勃起をしてスムーズにセックスが出来ると自信が出て、劇的に良くなることもあります。
このようなケースでは、バイアグラなどのED治療薬が最も効果的です。始めはバイアグラが必要でも、徐々になくてもセックスが出来るようになった事例もたくさんあります。
一方、器質性勃起障害や薬剤性勃起障害は、一筋縄でいかない事があります。
器質性勃起障害や薬剤性勃起障害は、ED以外の病気や障害があると言うことなので、そちらも治療もしなければいけません。
病気の治癒によってEDが改善する例もありますが、糖尿病など完治が難しいことがあります。
こういった場合でも、病院ではバイアグラなどのED治療薬を処方することがあります。病気を抱えていると通常の治療薬を処方されているので飲み合せや、ED治療薬を飲むこと自体禁止の場合がありますので、一度医師に相談することをお勧めします。