バイアグラの歴史について

バイアグラの歴史について

EDチェック 

バイアグラ
バイアグラの開発には、どのような歴史があるのでしょうか?
バイアグラは、もともとアメリカのファイザー社が、狭心症の薬として開発したものでした。

 

血管障害に対する研究として、バイアグラの主成分シルデナフィルの、血圧降下に対する効果を調べるため臨床試験を行っていたのですが、望むべき効果が認められず、やむなく開発中止にしようかと考えたのです。
ところが、被験者から、残った薬を分けて欲しい、という声が相次いだのです。

 

そこで、理由を聞いてみたところ、勃起不全に効果があるので、という声が多いことから、改めて、EDを改善する薬として開発、販売されることになったのです。
結構面白い歴史ですね。

 

バイアグラは、このようにして偶然開発されたのですが、1998年3月27日には、FDA(米食品医薬品局)に認可され、経口薬としては始めてのED治療薬として、大きな注目を集めるようになりました。
男性に希望を与える夢の薬として、話題になったのです。

 

開発の経緯としては、とてもユニークな歴史を持つようですが、医薬品には、結構このような偶然な形で開発、製品化されたものが多いようです。
発毛剤や、統合失調症の薬でも、同じような経緯を持つものがあります。

 

日本でも、バイアグラに対する急速な人気の高まりから、まだ国による承認が行われないうちに、個人輸入の形で購入して利用するケースが続出しました。
しかし、狭心症で硝酸塩薬を服用している人が、個人輸入で入手して服用し、死亡するケースが数件発生したことから、医師の診断・処方箋が必要となる医療用医薬品とされました

 

最近は、一部の美容外科や心療内科で簡単な問診だけで処方するところもありますが、医療機関や薬局で処方してもらうのが恥ずかしいことから、個人輸入代行業者を通して購入する人も多く、質の悪い偽物が多く出回っていることも問題となっているのです。

 

偽のバイアグラによる健康被害も増えていることから、厚生労働省は、ファイザーとともに日本の製薬会社も連携しながら、注意喚起に力を入れるようになっています。

 

輸入する場合は安全でサポート体制がしっかりしているところを利用する事をお勧めします。