バイアグラと高血圧について

バイアグラと高血圧について

EDチェック 

バイアグラ
バイアグラは、元来狭心症治療のため、血圧を下げる薬として開発されたものです。
このため、他の血圧を下げる薬と誤って併用すれば、急激に血圧が下がることでショック状態を引き起こす恐れもあります。

 

このため、高血圧の薬を服用している人も少し注意が要ります。
バイアグラは、血圧が90/50以下と低すぎる人や、170/100以上と高すぎる人の場合、服用は出来ないことになっています。

 

アムロジンなどの降圧剤を服用している場合、降圧作用が強く出る恐れもあります。
ただ、今のところ、降圧剤を使用している人がバイアグラを服用することで死亡した、というようなケースは無いようです。

 

それでも、治療を受けている医療機関で相談し、バイアグラの処方をしてもらうようにしたほうが良いでしょう。

 

血圧が許容範囲内なら、バイアグラの服用には問題ないのですが、降圧剤と併用すると、一時的な立ちくらみや、ふらつきなどの低血圧の症状が多少出ることがあるようです。
こうした副作用に注意することです。

 

バイアグラはEDの治療薬として知られていますが、そもそも、EDとなる原因の一つに高血圧があります。
高血圧の状態が長く続くと、血管が圧迫され続けることで傷つきやすくなり、動脈硬化を引き起こします。
これが、陰茎への血の巡りも悪くしてしまい、勃起不全になる、というわけです。

 

しっかり血圧のコントロールを行っていれば服用には問題ないのですが、薬に頼るばかりでなく、まずは、高血圧を解消するための日常生活の改善も心がけるべきでしょう。

 

高血圧の人にとって、バイアグラを使えることは大変ありがたいことかもしれませんが、それでも使用には十分に注意することです。
同時に、体質そのものを改善するための努力も行うべき、というわけですね。

 

また、急に効果が感じられなくなった場合、動脈硬化を起こしている恐れがあります。
何がしかの疾患が発生している事も考えられるので、効果が感じられなくなった場合、医師に相談したほうが良いでしょう。