バイアグラと狭心症について

バイアグラと狭心症について

EDチェック 

バイアグラ
バイアグラは、元々は狭心症の薬として開発されたものなのですが、臨床実験でも効果がなく、むしろ男性の勃起不全に効果があることから、改めて勃起不全の薬として開発、販売されるようになった、という経緯があります。

 

逆に、狭心症の人は、バイアグラの服用には注意が要ります。
狭心症は、心臓に酸素を供給する冠動脈が、動脈硬化、攣縮などにより動脈血量が減少することで、胸痛・胸部圧迫感などを起こす疾患です。

 

治療には、薬物療法として、ニトログリセリン、硝酸イソソルビドなどの硝酸薬や、β遮断薬、カルシウム拮抗薬などの投与が行われます。

 

ここで知っておくべきなのは、バイアグラに限らず、EDの治療薬はすべて、ニトログリセリン、イソソルビドを含む硝酸薬全般との飲み合わせを禁止している、ということです。
このため、硝酸薬が含まれた治療薬を服用している場合は、服用できないのです。

 

ただ、狭心症ならバイアグラは服用できない、というわけではなく、医師が健康状態を把握した上で、処方してくれるのなら問題はありません。
それでも、治療とED治療薬の処方は、同じ医療機関で行ってもらったほうが良いでしょう。

 

また、治療方針に変更があれば、バイアグラの服用を継続しても構わないかどうか、担当の医師に相談することです。

 

バイアグラは、特に狭心症に悪い影響を及ぼす、というものではありません。
注意しなければいけないのは、他の薬との飲み合わせ、というわけです。

 

バイアグラには血流を良くするために血圧を下げる働きがあるのですが、これに血圧降下剤を併用すると、血圧が下がりすぎてしまうことになります。
特に硝酸薬は、急激な血圧の低下を引き起こして危険な状態になる恐れがあります。

 

硝酸薬は服用タイプ以外、スプレータイプもあり、自覚しないうちに服用していることもあるので、注意が要ることになります。
また、バイアグラを服用した後は、あまり激しい運動も避けるべきでしょう。