バイアグラの特徴とは何でしょう

バイアグラの特徴

EDチェック 

バイアグラ
バイアグラがEDの治療薬として注目されているのは、やはり他のED治療と比べ、一日一回服用するだけで効果を発揮する、という作用があるからでしょう。
服用してから30分〜1時間くらいで効果が出始め、2、3時間くらい効果が持続します。
このように、短時間で効果が得られるのも大きな特徴でしょう。
さらに、男性器の固さも強化してくれます。

 

この薬には、EDに対する効果のほかにも、射精感が戻り、早漏を防止する、という特徴もあります。
また、バイアグラは性的刺激を得ることで、勃起を促進させます。
このため、服用してから効果がなくなるまで、ずっと勃起したままになる、ということはありません。

 

バイアグラは1998年にアメリカの大手製薬会社、ファイザー社が発売を開始して以来、既に世界110ヶ国以上で発売されている実績があるのも、こうした優れた特徴があるからでしょう。
バイアグラは日本でも1999年から発売され、現在120万人以上の人が使用しています。ED治療薬と言えば、すぐにバイアグラを連想するくらいです。

 

服用は一日一錠だけにして、他の薬との服用は避けます。
セックスの1時間くらい前に服用するようにしますが、空腹のときは効果が早めに現れることもあります。

 

通常は水と一緒に服用しますが、適量のお酒と一緒だと、お酒によるリラックス効果との併用で、効果が現れやすくなることもあります。
ただし、多量のお酒と一緒に服用するのはよくありません。
また、グレープフルーツジュースと一緒に服用すると、グレープフルーツには薬剤の血中濃度を上げる作用があることから、過剰な効果が現れることもあるようです。

 

バイアグラには血管を拡張させる働きがあることから、服用すると顔のほてりを感じることが多いようです。
これ以外にも、動機、頭痛、鼻炎、さらに、色が異常に見える視覚異常などの症状が出ることもあります。
しばらく経てばこうした症状は治まることが多いのですが、どうしてもこうした症状が続く場合は、服用をやめて医師と相談したほうが良いでしょう。
私が医師から聞いたこの薬の特徴や体験を元に感じたことを記してみました。