バイアグラの副作用を知って処方

副作用を知って処方する

EDチェック 

バイアグラ
バイアグラ服用の際には注意が要ります。
バイアグラの副作用で最も多いのは、軽いめまいと顔のほてりです。
これは血管が拡張されることによるもので、こうした症状が現れるのは、むしろ効果がはっきり出ているといえます。

 

これ以外、鼻水、鼻づまり、消化不良、胃痛、視覚異常などの症状が出ることもあります。
さらに、血管が拡張されるため、頭痛やのぼせが起こることもあります。
程度は比較的軽い場合が多く、顔のほてりや頭痛で服用をやめる人は少ないようです。
どれもしばらく時間が経てば自然に治まりますが、どうしても治まらないのなら、服用を中止して医師と相談することです。

 

これ以外、血圧が急激に低下することで、狭心の症状が現れる場合があるので、硝酸剤や、ニトログリセリン系の薬、心臓病の薬などを服用している人は、バイアグラは処方されないことになっています。

 

ごく稀に、勃起が長時間続いたり、長時間勃起による勃起機能の喪失や、突発性の難聴などの例も報告されているようです。
バイアグラはあまり安易に頼らず、必ず医師のアドバイスを受けながら、はじめのうちは少量から服用することです。

 

バイアグラは安全性の高い薬で、きちんとした処方で正しく服用すれば、あまり副作用を心配することもないでしょう。
ただし、自己責任で服用することになります。

 

この治療薬は、もともとは狭心症の薬として開発された血管拡張剤なのですが、むしろ副作用の部分に注目され、EDの治療薬として広まるようになった、という経緯があります。
ただ、効果の現れ方には多少の個人差があり、はじめのうちは、効果の現れ方に違和感を感じることも多いようです。

 

服用した人によっては、あまりに副作用が多すぎるので戸惑う人もいるみたいです。
どうしても違和感を感じ、体調に影響を及ぼすような場合も、医師と相談したほうが良いでしょう。
あまり薬に頼らず、普段から自身の健康管理にも気を配る必要もあるのです。