バイアグラの注意点と快適な性生活をおくる為の知識

快適な性生活をおくる為の知識

EDチェック 

バイアグラ
バイアグラは安全な薬ですが、服用の際の注意点もあります。
通常はセックスの1時間くらい前に服用しますが、空腹だと30分くらいで効果が現れることもあります。
どうしても食後に服用することになる場合は、できるだけ脂っこいものは避けるようにして、食べ過ぎないようにし、2時間ほど経ってから服用します。

 

バイアグラは性的興奮を与えたり、性欲を増進させるものではない、ということも頭に入れておくことです。
あくまで性的刺激を受けることで、効果を発揮するものなのです。

 

バイアグラの効果には多少の個人差があります。
空腹時に服用しても効果がなかったり、1錠だけでは効果が得られないこともあります。
この場合は服用する量を増やすと効果が得られることもありますが、医師の指示に従って量を増やすようにすることです。

 

糖尿病や、過度の肥満、高血圧やうつ病の治療薬が原因のEDの場合も、効果が得られない場合がありますが、この場合も医師と相談して服用する量を増やします。

 

この治療薬を服用すると、たいていの人が顔のほてりや目の充血を経験するようですが、これは効果の現われと考えることです。
他にも頭痛、動悸、視覚の異常などが現れることもありますが、5〜6時間で症状が治まるのなら、あまり心配は要りません。
症状が長時間続くのなら、医師に相談することです。

 

また、心臓の負担をかけるのでは?と心配する人も多いみたいですが、もともとは狭心症の薬として開発されたものであり、心臓に負担をかけるものではありません。
ただ、狭心症の薬である硝酸剤を使用している場合、バイアグラと硝酸剤を併用すると血圧が急激に低下し危険なので、バイアグラの服用はできません。

 

注意点以外、元来バイアグラを服用してはいけない場合もあります。
もともとセックスのような心臓に負担のかかる行為を医師から止められている人や、重度の肝機能障害のある人、最近6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を起こした人、夜盲症の人などは、バイアグラは処方されないことになっています。
最低限、これらの注意点を頭に入れて置くべきでしょう。
以前は私も不安がありましたので、医師に相談したりネットで情報を収集しておりましたので、まとめてお知らせ致します。