バイアグラを購入する時に必要なもの

必要なものは何でしょう

EDチェック 

バイアグラ
バイアグラを薬局などで購入する際には医師の処方箋が必要となります。
前もって医療機関で相談、診察を受けた上で、処方箋を書いてもらい、薬局に持参しなければなりません。
こうした方法だと、自分にふさわしい量をきちんと処方してもらえるので安心です。
ただ、バイアグラの代金以外、医療機関での診察代などもかかることになります。

 

また、バイアグラは健康保険が効かないため、医療機関ごとで料金が多少異なります。
まずは、試しに一錠から始めてみるのも良いでしょう。
専門の医療機関だと、一錠だけでも処方してくれるところがあります。

 

これ以外の方法としては、輸入代行などを通して、個人で購入する方法もあります。
最近は、バイアグラの人気の高まりから、ネットでも個人向けに販売を行っているところが増えています。
この方法だと、比較的割安で購入できます。

 

日本では25mgと50mgの錠剤が認可されていますが、100mgの錠剤は効果が強すぎる恐れがあることから、日本では未承認医薬品とされています。
ただ、日本でも薬事法により、一回につき一ヶ月分、つまり30錠以内の100mgの錠剤なら、個人輸入も法的に認められています。

 

バイアグラに興味があるのだけど、病院に行くのは恥ずかしい。
忙しくて病院に行く時間が無い。
こうした人には、ネットを利用するのはとても便利なものです。

 

一番容量の大きい100mgをネットで手に入れ、半分、もしくはさらに半分にまで自分でカットして服用する、という方法もあります。

 

ただし、ネットを利用する際は、偽物、不良品に注意しなければいけません。
極端に値段が安いようなところは避けたほうが良いでしょう。
また、副作用などについても個人責任となります。

 

信頼できるところを利用する必要がありますが、服用の際は、やはり医師のアドバイスを得たほうが良いでしょう。
まずは、飲んでも良いかどうか、医師に確かめてから服用することをお勧めします。