バイアグラとEDの概要とその関連

バイアグラの概要とEDとの関連

EDチェック 

バイアグラ
性的刺激、興奮を得てもなかなか勃起しない、いわゆるEDの治療薬として知られているのがバイアグラですね。
もともとは狭心症の治療薬として開発されたのですが、臨床試験を続けるうちに、むしろ勃起不全に効果があることがわかり、急速に、世界的に広まるようになったのです。

 

EDの治療としては、ホルモン治療やパパベリン注射がありますが、こうした治療法と比べ、バイアグラの場合、セックスの1時間ほど前に服用するだけで、勃起不全が解消され、しかも勃起が持続し、勃起したときの硬さもより硬くなるという効果があることから、人気が高まったのでしょう。

 

バイアグラには、脳を介した血管拡張を促進する作用があることから、血圧が急激に、しかも大幅に低下したり、心臓への酸素供給に支障をきたす狭心等の副作用を起こす危険性もあり、場合によっては死に至ることもあります。

 

日本では1999年に製造が承認され、製造・販売を行っている世界売上1位のアメリカの製薬会社、ファイザーから医療機関向けに販売されるようになりました。
ただ、副作用などの危険性から、入手するには、医師の処方箋が必要となっています。

 

一時期、バイアグラはED治療のための夢の薬として話題になったこともありました。
しかし、服用すれば即EDが解消されるというものではなく、場合によっては精神面でのケアが必要となることもあります。

 

また、服用は、性的行為の1時間前で、1日1回だけにして、次の服用までは24時間以上あけなければいけません。
さらに、狭心症、心不全、心筋症など、心臓血管系の疾患のある人は、医師の指導を受け、慎重に飲む必要があり、医師の判断によっては服用できないこともあります。

 

ED治療薬は、医療機関の処方以外で入手する方法としてはバイアグラやバイアグラのジェネリックを、代行業を利用して個人輸入により購入する方法もあります。
しかし、こうした個人輸入の場合、偽物が多いものです。
しかも、個人輸入で購入したものによるトラブルは、医療機関による保証などがないため、すべて自己責任となってしまいます。
このため、輸入代行を通しての購入には注意が要りますが、FDAの認可薬を取り扱っているところは別で安全な治療薬が届きます。
薬は服用して使用するものが多い為、値段だけで決めるのではなく安全なサイトから購入することをお勧めします。