バイアグラのファイザー社

バイアグラのファイザー社

EDチェック 

バイアグラ
バイアグラの製造・販売を行っているアメリカのファイザー社とは、どのような会社なのでしょうか?
ファイザーは、1849年にニューヨークで創業され、南北戦争時は、北軍の医薬品のほとんどを製造した、という実績があります。

 

1982年には、抗炎症剤のフェルデンが売り上げ10億ドルを突破、これ以後、積極的な大型買収を繰り返して巨大企業へと急成長し、2003年には世界最大の製薬会社となりました。
現在、世界150ヶ国以上に医薬品を供給し、2004年度は約525億USドルの売り上げとなっています。

 

やはり医薬品事業部門が中核で、循環器系、精神・神経系、感染症・アレルギー系、泌尿器系、筋骨格系、眼科、癌、内分泌系と、幅広い分野をカバーしています。
毎年9000億円近くを投入して新薬の研究開発を続けていますが、やはり、ファイザーの代表的な薬はバイアグラ、というわけですね。

 

バイアグラ以外の代表的な医薬品としては、高血圧・狭心症の治療薬ノルバスク、高血圧治療薬カルデナリン、血液中のコレステロールを減らす薬のリピトール、などがあります。

 

日本法人、ファイザー株式会社(Pfizer Japan Inc.)は、1953年の田辺製薬との合弁会社設立で日本への進出を果たし、現在は米ファイザーの完全子会社となっています。
本社は東京都渋谷区にあります。

 

日本法人でも、医療用医薬品事業部門では、親会社のグローバル、かつ革新的な研究開発体制から生み出された医療用医薬品を扱っています。
分野的にも、循環器系用剤以外、感染症、中枢神経系疾患、泌尿器疾患、ガン、内分泌疾患、さらに緑内障の薬剤など、幅広い医薬品の提供を行っています。

 

また、アニマルヘルス事業として、ペットおよび畜産向けの医薬品、さらに、緑化・果樹蔬菜向けプラントヘルス製品などでも、優れた効果と安全性を持った製品の提供を行っています。

 

世界的に有名なED薬だけでなく、他にも様々な医薬品の研究・開発を行い、グローバルな企業活動を続けているのがわかりますね。
バイアグラの開発にも、このような背景があるのでしょう。

 

私もファイザー社の治療薬を通販で購入しています。少しは売り上げに貢献しているのかな?