バイアグラを購入する時のポイント

バイアグラの種類を確認しよう

バイアグラ

ハーバル

ジェネリック

4フレーバー

スーパーアクティブ

バイアグラ 

ハーバル 

ジェネリック 

4フレーバー 

スーパーアクティブ 

ソフト

プロフェッショナル

オーラルゼリー

バイアグラ7フレーバー

女性用

ソフト 

プロフェッショナル 

オーラルゼリー 

7フレーバー 

女性用 

バイアグラを購入してED治療

 

ファイザー
バイアグラは性的刺激を受けて興奮状態にあるにもかかわらず、勃起にをしないとか、勃起状態にならないという症状を持っている方に効果が期待できるお薬で、勃起不全症の解消をしたいときに利用するed治療薬です。

 

バイアグラの成分はクエン酸シルデナフィル(Sildenafil Citrate)です。
EDに対する効果を期待されて開発され、アメリカでバイアグラの通販が開始されてから、日本での認可がおり購入できるようになりました。
陰茎海綿体の血管平滑筋をゆるめることによってペニスへの血液量を増やし、海綿体の内圧を高める作用があります。
この薬は勃起不全に用いられるED治療薬です。
服用すれば効果が出るわけではなく、性的刺激を与えることによって効果を発揮する治療薬です。

 

勃起不全症の人は陰茎海綿体が緩むときに必要といわれているcGMPという物質を分解してしまうPDE-5という酵素の分泌量が多いため、勃起しにくくなります。
薬を使用するとPDE-5という酵素の分泌を制御するので、強くて長い勃起状態を維持し続けることが出来るようになります。
強い勃起状態を維持することによって、満足な性行為を行えるようになるわけです。
初めて飲む方は、主治医の診察を受け、その指示に従って飲むようにしてください。

バイアグラのジェネリックの効果

シルデナフィル
新薬として発売されると製造元のファイザーに一定期間の薬事特許が与えられます。
後発の医薬品は、別のメーカーが後から販売した同成分、同効果の医薬品をのことを言います。
後発のジェネリック医薬品は少ない開発費でつくれる為、先発のファイザー社の正規品よりも安価で購入できるお薬です。
それは製品名や色形はメーカーごとで設定しますので、それぞれ異なりますが含有成分も効用も同様とされています。
それは、アメリカのFDAが認可している後発の医薬品に限られています。
FDAとはアメリカ食品医薬品局です。
そこでは、主に食品・薬品を中心に化粧品などの消費者が直接せっする機会の多い製品の認可や、それらの違反を取り締まることが出来るを行う機構です。
FDAの認可を受けた治療薬は安全であり、同効果が得られたとの証明にもなります。
取り扱っている全ての医薬品はFDAの認可を受けたものばかりです。
ですから、取り扱っている後発薬はファイザー社と同様の効果が得られのです。
現在、通販しているこれらのバイアグラやそのジェネリックは、目的は同じですが、それぞれ異なった特徴を持っています。
それぞれの特徴を把握した上でお求めください。
また、どの製品も成分はクエン酸シルデナフィル(Sildenafil Citrate)です。

知っておきたいED錠の使い分け

正規品
現在、様々なED治療薬を通販で買い求めることができるということは、勃起不全で悩む方々にとってはとても嬉しいことなのですが、
嬉しい半面、どういった商品を選べばいいかという事はわからなくなったという弊害もあります。
しかし、ちゃんとしたED治療薬の知識をもつことによって、どの治療薬を選べばいいかという事がわかりますし、ケースバイケースで使い分けることも可能です。

 

例えば、ED治療薬の特徴として服用してから効果が現れるまでどれくらいの時間を要するかという事で使い分けるという方法があげれるでしょう。
一番認知度か高いED治療薬としてバイアグラがあげられますが、この治療薬が効果が現れる時間はだいたい、30分から1時間ほどだといわれています。
これは治療薬の中では遅い方に属します。

 

他のED治療薬として挙げられるのは、レビトラは5分から20分、シアリスは15分から30分くらいの時間だと言われています。
なので、飲んでからすぐに性交渉などを行いたい場合は、レビトラやシリアスを服用し、服用してから少し間をおきたい場合にはバイアグラを用いるのが一番良い使い分けだといえるでしょう。
またED治療薬には薬によってその副作用というのも違ってくるのでその点も注意が必要です。

バイアグラで満足なナイトライフ

ファイザー
EDは特別な病気ではなく、男性の誰にでも起こりえます。
そもそもEDとはErectile Dysfunctionの略で、日本語に翻訳すると勃起不全、勃起障害という呼ばれ方をします。
これは一般的には、性交時に十分な勃起ができなかったり、または十分な維持ができず、性交に満足できない状態を表しています。
日本性機能学会の定義によりますと、自分がEDであるかどうかを判定する割合として性交のチャンスの75%以上でそれが行えないことといっています。

 

これに似た古くからの言葉にインポテンツがありますが、これは性的不能という人間として能力が欠けているというニュアンスがあって、症状に苦しんでいる人に対して思いやりにかけるため今ではほとんど使いません。
EDは命への危険はほとんどありませんが、性交という性生活にはかかせない重要なことへの障害です。

 

今ではこれを治療するためにed治療薬といった薬品が民間で作られて販売されています。
それも個人で気軽に買い求めやすい値段で提供されています。
夫婦にとって重要なコミュニケーションのひとつである性交をより満足できるものにするためバイアグラのような治療薬を使うことは大変よいことではないでしょうか。

 

普段の心がけが大切
継続的にバイアグラを購入し、おかげで以前の精力が戻った、という人も多いかも知れませんが、さらに元気を取り戻したいのなら、やはり、普段の食生活にも気を配るべきですね。
精力をつけるための食べ物といえばやはり亜鉛ですね。
亜鉛は、「性のミネラル」ともいわれ、精子の運動を活発にし、生殖機能を向上させるといわれています。
亜鉛は魚介類に多く含まれていますが、他に、ゴマ、カシューナッツ、ナチュラルチーズなどにも多く含まれています。
他に、生殖機能を活性化させるものとしては、鉄、マンガン、ビタミンEなどがあります。
鉄は、海苔、ひじき、レバーなどに多く含まれています。
マンガンは、玄米、栗、干し柿、パイナップルなど、植物性の食べ物に多く含まれています。
ビタミンEは、魚介類のほか、アーモンド、カボチャなどに多く含まれています。
他にも、精力がつく食べ物としてポピュラーなのは、やはり、にんにく、すっぽん、ウナギなどがありますね。
精力をつけるためのドリンクもありますが、やはり、日常の食事で、意識してこうしたものを積極的に食べることですね。
通販で購入するバイアグラだけでなく、身近なところで手軽に手に入る食べ物ででも、精力アップを心がけるのも良いことでしょう。

バイアグラの成分の作用と注意

バイアグラ
EDに対して優れた作用のあるバイアグラですが、どういった成分が作用しているのでしょうか?

 

たとえば、各製薬会社から数多くの頭痛薬が販売されており、色々な名前で販売されています。しかし、実際にはアスピリンやイブプロフェン・アセトアミノフェン・ロキソプロフェンなどが鎮痛作用のある成分名で、成分名が商品名に使われるのは極々少数です。
バイアグラも「バイアグラ」といった成分があるのではなく、クエン酸シルデナフィルが有効成分になります。
日本ではバイアグラには25mg錠と50mg錠(海外では100mg錠もあります)がありますが、クエン酸シルデナフィルが25mgか50mg含まれていることから、このような名称がついています。

 

クエン酸シルデナフィルは、クエン酸の一種で単に「シルデナフィル」とも言われることがあります。クエン酸に窒素や硫黄が化合して、クエン酸シルデナフィルは出来ています。
クエン酸という言葉は聞き覚えのある人も多くいるでしょう。クエン酸は、レモンなどのかんきつ類や梅干などに多く含まれており、これらの酸味のもとになります。また、洗浄剤にも使われており、湯沸しポットの湯垢落としにも使われています。
クエン酸シルデナフィルは独特の強い苦味を持っているため、早く効果を出したいと噛んで服用する人もいますが、独特の風味が苦手という人が多数です。
蛇足ですが、クエン酸シルデナフィルはやや水に溶けにくいのですが、コーティング剤(青い部分)は溶けやすく、通常に服用しても1〜2分で胃の中で溶け出して粉状になるため、効き始める時間ほとんど変わらないのに、わざわざ不快な苦い味を味わってまで噛んで飲むよりも、そのまま飲む事をお勧めします。

 

よくある勘違いで、バイアグラはEDに効果があるのですが、勃起自体を促進させる作用はありません。クエン酸シルデナフィルは、勃起を鎮めようとする体内酵素の働きを阻害する作用があるため、陰茎の血流がよくなり、勃起状態を長く保つことが出来ます。
つまり、勃起自体をさせるといったいわゆる催淫効果はなく、勃起した時に状態を保ち続けるのを助ける作用があります。
ですので、いくらバイアグラを服用したとしても、性的興奮がない場合には勃起しませんし、身体ではなく精神的な要因のEDでは効果がない人もいます。

バイアグラを使用する男性が急増中

バイアグラ
男性機能を回復させる薬として、勃起不全や早漏などに悩む男性の間で、ますます人気が高まっているようです。
既にご存知かもしれませんが、バイアグラを購入するには、医師の処方箋が必要となっています。
現在は、東京、大阪などの大都市では、たいていの泌尿器科で処方してもらえるようです。
これ以外には、内科や、一部の美容外科でも処方してくれるところがあるようです。
バイアグラは、通販でも購入ができ、実際、通販を利用する男性が多いようですが、通販の場合、信頼できるところから購入しないと、偽物を購入してしまう恐れもあります。
これに比べ、医師の処方だと、多少は費用がかかりますが、本物を購入できるので、安心して服用できるのがメリットでしょう。
最近の人気の高まりから、総合病院だけでなく、街中の普通の個人の医院でも処方してくれるところが増え、ホームページでも、処方について紹介しているところがあります。

 

街中の医療機関でバイアグラを購入するには?
まずは、ホームページなどでED薬を処方してくれるかどうか確かめ、電話などで予約を入れてから、医療機関を訪れて購入するのが良いでしょう。
ホームページを通して予約できるところもあります。
ホームページだと、使用上の注意点など詳しく解説しているところもあり、まずは、こうしたところで予備知識を得ておくのも良いことです。
医療機関を訪れる際は、自宅から少し離れたところを選び、電車などの公共交通機関を利用してわざわざ処方してもらいに行く男性も結構多いようです。
多少の交通費がかかっても、自宅から離れたところのほうが、知っている人に顔を見られる心配がないから、というわけかもしれませんね。
街中の、泌尿器科などの医療機関によっては、処方を行っていることを、はっきり明記していないところもあります。
自宅近くで処方してもらいたいのなら、一度近くの医療機関に電話などで問い合わせてみると良いでしょう。

 

バイアグラを購入する男性の現状
バイアグラは、20歳を過ぎた男性から65歳までの人で、勃起不全などの症状の改善を望む人なら、誰でも購入して服用する事ができます。
特に健康上の問題がない人でも服用できる薬なのですが、初めて購入する場合、年齢的には40代の中年期の方が大多数のようです。
また、最近は20代の若い人でも購入する人が増えているようです。
65歳以上の場合、服用には少し注意が必要で、医師の指導を受けながら使用するように、とされていますが、最近は、65歳以上でも心身ともに若々しい人が増え、いつまでも若くありたいという願望が強くなり、定年退職後、さらに時間が取れるようになったことから、趣味や旅行を楽しみ、また、性欲も持続し、セックスライフも充実させたい、という人が増えているようです。
高齢の人でも、こうしたことから購入する人が増えているのでしょうね。
実際、80歳の人がバイアグラを飲み始めてから、一日に3度も妻にセックスを求めるくらいになってしまったという例もあるそうです。
一方で、20代の若い男性の場合、長引く不況に伴い、仕事でのストレスが増え、また、つい暴飲暴食してしまう男性が増え、これにより体調を崩し、いざ彼女とのセックスの場に挑んでも、なかなか男性自身が立たなかったり、早漏気味で悩む男性が増えているようです。
20代の若い男性で購入する男性が増えているのは、こうした理由からかもしれませんね。
勃起不全や早漏は、なかなか人に話すことができない悩みであり、専門の医師に相談するのもためらう男性が多いものです。
何がしかの泌尿器科の疾患なら、どうしても病院へ行かないわけにはいきません。
これに対し、勃起不全というのは「もう男としてだめですね」などと医者から言われるのでは?という不安もあったりします。
これに対し、バイアグラは、飲んでいることが気付かれにくいですし、通販を利用すれば、誰にも知られずに購入ができるのです。
これも、購入する男性が増えている理由でしょう。

 

夢の薬という言葉に惑わされないように
ただし、こうした現状に対し、男性の心理をうまく狙って、偽物を販売する業者が増えているのも事実です。
偽物を購入してしまった場合、外国では、最悪、死に至るケースもごく稀にあったりするようです。
偽物や、怪しげなルートによるものが多く出回っているということは、やはりそれだけ人気があり、需要があるから、というわけですが、あまりに安い価格のものや、電柱のチラシ、ポストに投函されたチラシで宣伝しているようなものは避けたほうが良いでしょう。
また、心臓の悪い人や、高血圧症の人や、低血圧の人は処方されないことがあります。
バイアグラは男性の自信を取り戻してくれる夢の薬とも言われていますが、悪質な業者に惑わされず、信頼できる所から購入し、正しく使用することが大事です。
同時に、自分自身の生活習慣なども見直すことが、男性としての自信回復につながる、というわけですね。